スピードマスターデビュー60周年トリロジーシリーズの一番人気モデル!スピードマスター「オメガ1957 トリロジー スピードマスター クロノグラフ」がデビュー。

オメガファンにとって絶対外せない大変魅力的な時計「スピードマスター」、「シーマスター」、「レイルマスター」のモデルがそれぞれ3,557本の限定で発表となりました。(セット品で3本のモデルも有りましたが、日本への入荷は数セットと聞いております。)

日本への入荷はスピードマスター350本、シーマス、レイルマスター各500本とのことと聞いていましたので、断然、入荷数の少ないこのスピードマスターは一番注目度が高い「限定品・コンクターズアイテム」となりうるでしょう。

ケースサイズは38㎜とやや小ぶり、厚みもさほどではありませんので腕時計を付けている感覚はなく、ずっと前から腕に「装着」していたという感覚です。(日本人の手首に一番合うサイズなのでは?と思います。)

他にこのスピードマスター特徴を簡単にしてみますと…

  • オリジナルを感じさせるキャタピラブレスがいい感じの重みで、装着感抜群。
  • マットな特別なダイアル「ブラックトロピカルダイアル」を採用し、オリジナルイメージを踏襲。
  • 針、及びインデックスはスーパールミノヴァを塗布し、うまい感じでトリチウムの焼けた感じを上手く再現。
  • 針は初代“ブロードアロー”を採用し、レトロ感満抜群。
  • 他のスピードマスターシリーズがケース形状が同じなのに対し、トリロジーのスピードマスターは左右対称でケース設計から洗い直しており、オメガ社がこの復刻にかける拘りが感じられます。
  • 付属品はトリロジーシリーズ共通の専用ケース、冊子、ストラップ等。

全体の印象はレプリカというよりはオリジナルのオールニューという感じです。

スピードマスターの特徴を書かせていただきましたが、レア感、お得感満載のモデルではないでしょうか?

オメガ、ブランド腕時計のご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


2018年2月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:オメガ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像