SIHH 2016 オーディマピゲ ロイヤル オークオフショア ダイバークロノグラフ REF.26703ST

とてもカラフルなオーディマピゲ ロイヤル オークオフショア ダイバークロノグラフが4モデルリリースされました。

Audemars-Piguet-Royal-Oak-Offshore-Diver-Chronograph-26703ST-SIHH-2016-1

4つのモデルの構成はケースサイズ42ミリのボディに

  • ブルー
  • bhjkh

  • グリーン
  • home_image.4563833

  • イエロー
  • Audemars-Piguet-Royal-Oak-Offshore-Diver-Chronograph-Watch-aBlogtoWatch-5

  • オレンジ
  • Audemars-Piguet-Royal-Oak-Offshore-Diver-Chronograph-Watch-aBlogtoWatch-2

の文字盤から構成されたモデルとなり、それと同色のラバーストラップが付属、プッシャーや竜頭はブラックセラミックで出来ています。

2016_01_17_SIHH_ap_roo_diver_chrono_blue_front_official_press_regular_1366-570x320

10時の位置についている竜頭でインナー回転ベセルを回転することが出来、30気圧防水になっています。

デリバリーは日本が暖かくなってきたころかなぁ~?

オーディマピゲ、ブランド腕時計のご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


オーディマピゲ ロイヤルオークの2本勝負

CIMG3707

ロイヤルオークのデュアルタイムと41ミリのベーシックな3針モデルを並べて置いてみました。

デュアルタイムのこの文字配列、使い勝手が良く、とてもいい顔をしています。

そして、このパワーリザーブインジケーターもゼンマイの残量が分かって、「着けている楽しみ」があります。

対して、3針のロイヤルオークは、やはり長年培われてきた完成されたメーカーの顔と言うんでしょうか?

遠目に見ただけでも「おっ、ロイヤルオークを付けているんだな」と分かるデザインは凄いですね。

シンプルなモデルを着けていると、複雑モデルが欲しくなりますし、複雑モデルを着けていると、シンプルなモデルに憧れます。

どっちも甲乙つけがたいですね。

皆さんはどちらがお好きですか?

オーディマ・ピゲのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


オーディマピゲロイヤルオークのオリジン

CIMG1855

ロイヤルオークも様々なラインナップが発売されましたが

CIMG1856

その起源とも言えるモデルを見たことがありますか?

CIMG1862

私は見たことが無かったのですが、初めて見ました。

オーディマピゲ ロイヤルオーク オリジンの実物がコレです

CIMG1857

CIMG1858

どちらかというとウルトラシンに近いですね。

一度、腕に装着しましたが、ラグの形状が合わず余りフィット感は良くなかったです。

最新型の15400STの方がいいですね。

皆さんはいかがでしょうか?

オーディマ・ピゲのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


オーディマピゲ ロイヤルオーク41ミリ&ジャンリシャールお嫁入り

いつもお世話になっています、O様。m(__)m

以前から「何か普段につけれるようなステンレススチールモデルを」と…

いろいろと物色しておられましたが、

念願叶い、ロイヤル・オーク41ミリブルー文字盤をゲットしていただきました。

CIMG1541

この「ロイヤルオーク青文字盤」聞いた所によりますと、発売後、2年で生産中止になってしまった短命モデルで、
オーダー後、注文主がその現物を見る前に生産中止になってしまったというモデルなのです。

そして、同時に世界限定290本のジャンリシャール・クロノスコープ MVアグスタ ブルターレ アメリカもお買い上げ頂きました。

満面笑みのOさんを激写したかったのですが、顔出しはNGでしたので腕時計を付けたところをUPさせて頂きました。

CIMG1540

まさにWATCH ADDICT(腕時計中毒者)ですね…(^_^;)

その状態としましては、かなり「重症」でこの2本をお買い上げの直後、
ボソッとつぶやいたお言葉、「スキューバ用にオリスか何か欲しい…」

お客様のご要望に答えるべく、早速弊社ではものを調達し次回はオリスをご用意して突撃しようかと考えております。笑

O様、お買い上げありがとうございました。

オーディマ・ピゲの腕時計は、アルファ&オメガ

『アルファタイム』+1でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


オーディマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショアセラミックバーションお嫁入り

IMG_3033

贅沢にセラミック+チタンのコンビネーションケースハウジングをまとった男の腕時計。
オーディマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショア 44mm 26402CE.OO.A002CA.01

加工が難しく量産ができないセラミックモデルゆえのこの面構え、有無も言わさぬ硬派な感じがします。

特に、バックスケルトンからのぞかせる金ローターもわざわざメッキコーティングするところなど、渋さに磨きをかけた「男のいぶし銀」を彷彿させるものを感じさせます。

IMG_3035

常連のD様、「このモデルが欲しい」との指名買いです。

この赤のクロノ積算計がチャームポイントですね。

D様いつもありがとうございます。まだ、ご注文いただきている他のモデルも頑張って探し出しますね

オーディマ・ピゲの腕時計は、アルファ&オメガ

『アルファタイム』+1でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像