最新情報

G-ショック Ref.GMW-B5000D-1JF このモデルを「カッコイイ!」そう思ったのは私だけではなかった

やはり、私と同じように思った人はたくさんいたようです。

そのため、限定品でもないのに予約も取れない。

もちろん店頭にも並ばない。

運良く店頭に並んだとしても速攻でなくなるこのモデル。

まさにバブル期を経験した人には懐かしいモデルでは無いだろうか?

そのモデルがこの都度「オールステンレス」になって発売された。

高額な時計をコレクションとしている方も欲しがるモデル、それはこのカシオ「GMW-B5000D-1JF」ここにあり

カシオのご用命は、アルファ&オメガ

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]

タグ


2018年10月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:カシオ

ウブロ クラシック フュージョン クロノグラフ チタニウム Ref.521.NX.1170.LR

フランス語で[舷窓]を意味を表す「ウブロ」が舷窓形状ケースをもとにデザインし、同社の大ヒット作となった「ビッグバン」を更にクラシックモダン、スポーティ&エレガントの要素を加えたモデルが“クラシック フュージョン”です。

このクラシック フュージョン クロノグラフ チタニウムはムーブメントに自動巻クロノグラフ Cal.HUB1143を使い、42時間パワーリザーブを実現。

ベゼルはサテン、ケースサイド、及びラグにはポリッシュとケース内で質感を変えた「融合」を行い、更にストラップにはブラックラバーとブラックアリゲーターのコンビネーションを使った異色な素材の「融合」を行った、モデル名そのものを表したウブロの人気モデルです。

ウブロのご用命は、アルファ&オメガ

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

タグ


2018年9月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ウブロ

オーディマピゲ ロイヤルオーク Ref.15400ST.OO.1220ST.02 | AUDEMARS PIGUET ROYAL OAK

オーディマピゲロイヤルオーク 15400ST

ロイヤルオークはオーディマピゲの顔となった言っても過言ではない。

デザインは故ジェラルドジェンタ氏。

船の窓からインスピレーションを受け、デザインした六角形状のベゼルが特徴的なのはご存知の通り

このロイヤルオーク、その中でも抜群の人気を誇るのは、ステンレススチールモデルなんですね。

(ちなみにラグジュアリーブランドでSSモデルを市場に投入したのもジェンタ氏です。)

そんな不滅の人気で入手困難なロイヤルオークの白文字盤、新品が入荷しました。

中古は市場によくありますが、新品はなかなか出てきません。

新品のモデルを探している方は急いでお問い合わせを!

オーディマピゲのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

タグ


シャネル コードココ CHANEL CODE COCO Ref.H5145 ダイヤ巻きがうっとりするほど美しい!

このモデルを最初に見た時に、「他のメーカーがやらないような凄い発想の腕時計が出たな」

と言う感じだった

バックルを表面で留め、それがまるでブレスレットをしているかのようなデザインとなってしまうのだから…。

それもレディーの爪を傷めないような工夫ちゃんとなされている。

最近のシャネルはデザインはもちろんだが、ムーブメントもなかなかだと思える。

シャネルのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]

タグ


2018年9月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:シャネル

タグ・ホイヤー モナコ キャリバー11 ガルフ50周年記念限定モデル Ref.CAW211T.FC6440

ホイヤー モナコ キャリバー11 クロノグラフ ガルフエディション

モナコラインの中で、このガルフ キャリバー11モデルはその歴史も長く、このモデル5世代目になります。

今回のモデルは歴代リリースしてきたモデルの中でも特にレア度が高く、その数もなんと、世界限定50本限定

日本への正規ルートの入荷数は10本程度

と聞いております。

恐ろしいほどのレア度です。

コレクター垂涎ものであると思われます。

これと同時期にガルフモデル(こちらは1900本限定)を発売していましたが、そのモデルとは下記のような相違があります。

  • ガルフストライプのカラーがよりオリジナルモデルに近いペールブルーカラーとなっている。
  • シリアルナンバーが記載されていること **/50
  • レザーストラップのステッチ部がブルーではなく、オレンジのステッチになっていること
  • 中でも一番大きい相違点はケースバックにガルフ50週年記念モデルのデカールがあること

ガルフファンならば、どうしても入手したいモデルになるかと思います。

タグ


2018年8月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:タグホイヤー

このページの先頭へ

イメージ画像