あっ!ミシェル・パルミジャーニさんだ!

「パルミジャーニ」と聞いて、「ピン」とくる方はかなりコアなウォッチマニアしかいないと思いますが、そのグループの大きさは有名ウォッチグループの「リシュモン」(カルティエ、ジャガールクルト、IWC、ロジェデュブイ、パネライなど)を上回る巨大スイス医薬品企業グループ「サンド」なのです。(あの「スイスショックを事前に知っていた」位とのことです。)

其の中でミシェル・パルミジャーニ氏、ご本人は“神の手”を持つと言われる天才時計師であり、「サンド・ファミリー」が持つ懐中時計とオートマタのコレクションの修復師で、名を挙げた時計師であります。

サンド・ファミリー財団、ピエール・ランドルト氏はパルミジャーニ氏の知識と才能を買ってブランドの立ち上げを勧め、その支援で「パルミジャーニ・フルリエ」が誕生したのです。

以後、パルミジャーニ・フルリエはマニュファクチュール(自社一貫生産)化を目指し、数年前にハイレベルな部品メーカーを統合。

スイスでも数少ない自社一貫生産体制を整えるブランドとなっています。

パルミジャーニ氏は、何度も日本へ足を運んで頂いており、この写真は某百貨店を訪れていた時に撮影したものです。

DSC03696

驚いたことに「あれ?あのメーカーはマニュファクチュール(自社一貫生産)だったのでは?」と言われている

腕時計の大御所「◯」社への部品供給、超高額腕時計「X」社のパーツの殆どがパルミジャーニ社から出ているのだそうです。

私もこれを初めて聞いた時には驚きました。

う~ん、それにしても1本欲しい~~

ブランド腕時計のご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ

メッセージ本文

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ


2015年11月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ニュース パルミジャーニ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像