セイコー キングセイコーの修理パート1です。

2013_11_23_11_27_11

今回、ご依頼いただいたこのモデル「キングセイコー」はなかなかヘビーなご依頼です。

2013_11_23_11_26_59

お父さんの形見の言うことでということで…

「復活のご依頼」です。

腕時計の状態は以前、ご近所の腕時計でオーバーホール出した時に…

同業として信じられないくらい…「破壊」という言葉がぴったりなひどいメンテナンスをされたようで!

文字盤はボディから浮き、傷つけられ、その文字盤も[ひん曲]がり…

更にケースラグは曲がりバーインデックスはずれ、文字盤の上をころがってる状態でした。

風防に大きな傷、クラック有り、「いばり」の金張りボディもズタズタにされています。

リダンのご提案含め、ほとんどフルコースのメンテナンスとなりそうです。

ブランド腕時計は、アルファ&オメガ

『アルファタイム』+1でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ


2013年11月29日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:セイコー 修理依頼

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. Nobu より:

    よろしくお願いいたします。親切な方と知り合えて光栄です。普通なら引き受けていただけるレベルではないと思います。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像