腕時計のオーバーホールについてパート1

IMG_3846

ロレックスのオーバーホールが仕上がってきました。

このオーバーホールされたお品、一見したら普通のオーバーホールに見えますが

実は…。簡単にいえば…。このオーバーホールは…。

日本に僅かしかいない、ミニッツリピーターまでオーバーホール、調整出来る最高の職人さんにしていただいたものなのです。

見えるところはもちろん、細部に到るまで素晴らしい仕上がりの一品です。

みなさんはオーバーホールをお願いする場合、何で判断していますか?

  • お値段
  • 納期
  • 仕上がり
  • 信用

この腕時計ではないのですが、最近、とっても残念で、いい加減なオーバーホールをされたとってもかわいそうな腕時計たちが弊社によく持ち込まれます。

P_20150313_114621_HDR

そう、オーバーホールを依頼したお客様には分からなのですが…。実は…。その中身は…。

お客様からお預かりした腕時計にあんなことや、こんなことがされているのです。

例を挙げれば…

  • 違うパーツが使ってあったり、
  • 無理にパーツとパーツをねじ込んで、そのパーツ変形してしまっていたり、
  • 明らかに修理の際に傷がついたであろうパーツであったり、
  • パーツの交換が必要なのに交換がなされていなかったり、
  • 青サビだらけのパーツ洗浄もせず、もちろんそのサビを落としもせずに再度組み付けてあったり、
  • パーツの洗浄が完全でないものが組み上がられてしまっていたり、
  • 違う金属にパーツが変えられていたり(金からスチールに交換)
  • ケース研磨、ヘアライン加工がきちんと仕上げたものには程遠いものであったり、

挙げればいっぱいあります!本当にオソロシヤ~

このようなやっつけ仕事は「熟練した職人さん」が腕時計の中を覗いて見れば、一発で判るのです。

どうしてこのような腕時計が増えているかと言うと…

それは…

次回へ続く…。

オーバーホールのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ

メッセージ本文

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ


2015年4月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:修理依頼

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像