オーディマピゲ ロイヤルオークの2本勝負

CIMG3707

ロイヤルオークのデュアルタイムと41ミリのベーシックな3針モデルを並べて置いてみました。

デュアルタイムのこの文字配列、使い勝手が良く、とてもいい顔をしています。

そして、このパワーリザーブインジケーターもゼンマイの残量が分かって、「着けている楽しみ」があります。

対して、3針のロイヤルオークは、やはり長年培われてきた完成されたメーカーの顔と言うんでしょうか?

遠目に見ただけでも「おっ、ロイヤルオークを付けているんだな」と分かるデザインは凄いですね。

シンプルなモデルを着けていると、複雑モデルが欲しくなりますし、複雑モデルを着けていると、シンプルなモデルに憧れます。

どっちも甲乙つけがたいですね。

皆さんはどちらがお好きですか?

オーディマ・ピゲのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ

メッセージ本文

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ


2015年2月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:オーディマピゲ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像