ジュリアーノ・マッツォーリ トランスミッション メカニカをご覧になられてピンと来た方は…。

CIMG3867

かなりの車好き、それも「車いじり」がお好きな方なのではないでしょうか?

それもそのはず、このジュリアーノ・マッツォーリ トランスミッション メカニカは車のエンジン部分のパーツを模倣して制作された腕時計なのです。

CIMG3865

ギアの形状のところは腕時計のケース、クラッチ・ディスクは文字盤、エンジンのスプライン・シャフトがリューズで構成されて作られています。

竜頭が10分の位置にあり、腕と竜頭とが接触しないような工夫もされております。

カーエンスーの方やメカ好きの方、いかがでしょうか?

ジュリアーノ・マッツォーリ トランスミッション メカニカのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ

メッセージ本文

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ


2015年9月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像